「いま自分にあるもの」を大切にする

皆様、こんにちは!

ハナセルカウンセラーの高橋正幸です!

今日は『「いま自分にあるもの」を大切にする』についてのお話をしようと思います。

『いま自分にあるもの。』

あなたにとってそれはなんですか?

人は、自分にあるものではなく、自分にないものを求める習性があります。

すでに自分にあるものは、自分にとっては当たり前だったりするので、それが大切なのか、価値があるのかがわからなくなってしまいます。

一方で自分にないものは、自分にない分それが良く見えるので、自分にないものは特に目に付きやすく、より良く見えてしまいがちです。

もちろん、自分の理想や目的、叶えたい夢があって、その目的のために、自分にまだ足りない部分を補って成長していこうという姿勢は、とても大切だと思います。

そして、その夢や目標の達成に必要な「自分にまだ足りない部分」に目を向けて努力する姿勢も、とても素晴らしいことだと思います。

ですが、ここで1つ注意しなければならないのが、『自分にないものを求める姿勢も大切だけど、自分にあるものを大切にする姿勢はもっと大事』ということです。

意識しない限り、「自分にないものはより良く見えて、自分にあるものは特に良く見えない」というのが人というものです。

もう自分の中ではそれが当たり前になっているので、中々それに気付くことができません。

ですが、『ないもの』ばかり追いかけて『いまあるもの』をおざなりにすると、幸福はどんどん遠のいていくと思っています。

それは、自分にないものを1つ手に入れても、それがいつかまたあるのが当たり前になり、また新たに自分にないものを探し求めるからです。

それではいつまで経っても満足いくことができず、幸福になることはできません。

なので、『いま自分にないもの』に目を向けるのではなく、『いま自分にあるもの』に目を向ける、『いま自分にあるもの』を大切にする姿勢が大事だと思います。

日々忙しく日常生活を送っていると、意識しないと『いま自分にあるもの』に目を向けることは中々難しいと思います。

それが当たり前になっているので、その良さに気付けないのです。

自分には健康的な身体がある

自分には大切な家族がいる

自分には大好きな恋人がいる

自分には働ける職場がある

など、いま自分にあるものに目を向けて、それに感謝することで人は幸福になることができます。

もちろん僕も、生きていくうえで『こうなったらいいのにな』『こうだったらいいのにな』『もっとこうだったらな』と思ってしまう部分は正直あります。

それでも僕は『いま自分にあるものを大切にしよう』という思いで毎日を生きています。

極論ですが、「この時代に、この日本という国に、そして人間として生まれてくることができた」、それだけでもとても幸せなことだと思っています。

もしかしたら、戦国時代に自分が生まれていてもおかしくありません。

もしかしたら、戦争の時代に自分が生まれていたかもしれません。

もしかしたら、日本のような先進国ではなく、もっと治安の悪い貧しい国で生まれていたかもしれません。

もしかしたら、人間ではなくもっとちがう動物で生まれていたかもしれません。

極論ですが、そうゆう捉え方もできるのです。

だから僕は、日常で嫌なこと、うまくいかないこと、気分が下がること、落ち込むことがあっても、

『それでも自分は恵まれているな』『それでも自分はとても幸せだな』と思えることができるのだと思います。

自分の人生に納得がいっていないとき、何か物事がうまくいっていないときに、自分にないものを求めてしまうことはとてもよくあります。

だからこそ、『自分にあるもの』に目を向けてそれを大切にすることが重要だと思います。

あなたという存在は、かけがえのないたった1人の存在なので、いまある自分を大切にしましょう。

そして『いま自分にあるもの』を大切にしましょう

それは『家族』でも『健康』でも「友人』でも『仕事』でも何でも良いと思います。

それを大切にすることが、幸福に生きる上での源になると思っています。

今日は『「いま自分にあるもの」を大切にする』についてのお話をさせて頂きました。




閲覧数:0回0件のコメント